有酸素運動と無酸素運動の違いについて

 

有酸素運動とは、文字の通り酸素を必要とする運動の事です。
例えばウォーキングやジョギングや水中ウォーキング等が、これに当てはまります。

 

酸素を体内に取り込む事によって、糖質や脂肪を燃焼してエネルギーに代えていきます。

 

負荷が軽度から中度なため、長時間続ける事が可能です。

 

深い呼吸をする事で酸素を取り入れているため、エネルギーを燃やすのはゆっくりと行われます。
有酸素運動を行うと下半身の筋肉を沢山使うため、血行促進になりむくみ解消に繋がります。

 

無酸素運動は、名前の通り酸素を必要としていない運動です。
しかし人間は呼吸をしないわけにはいかないため、酸素は少ないものの少しは取り込んでいます。

 

有酸素運動とは異なり、糖質からエネルギーを作り出しているのがほとんどです。

 

無酸素運動は短時間でエネルギーを消費する運動になるため、瞬発力を求められる運動が当てはまります。
例えば、筋トレや短距離走等があります。筋肉を強くしたり作り出すためには、無酸素運動の方が向いています。

 

ダイエット目的で行うのなら、有酸素運動の方が脂肪を燃焼してくれるために適しています。
このために、目的に応じて使い分けるようにすると効果が発揮されます。